ちょっと外れた谷中散歩 -1-

冬から初夏へお召替え

f:id:cenecio:20170713105007j:plain

f:id:cenecio:20170713105241j:plain

 

とある邸宅の塀。上は2月、下は5月。

冬枯れの塀も気にいっています。

 

谷中(やなか)は年がら年中大賑わいで、最近はぐんと西洋人観光客が増えました。

人通りの少ない静かな裏道をよく歩きます。家々がとても風情があって植物も大切に育てています。

f:id:cenecio:20170713110026j:plain

f:id:cenecio:20170713110040j:plain

f:id:cenecio:20170713110057j:plain

f:id:cenecio:20170713110504j:plain

こちらのお宅のこの木はなんというのでしょうか。

続きます。

 

また写真の整理を始めました。

単なる個人的なメモですので、気が向いたときにでもふらりと寄っていただければ…と思います。コメント欄等を外しましたが、IDコールトラックバックなどで繋がることは可能だと思います。その際はまたよろしくお願いいたします。

 

さっそく教えて頂きました(^O^)ハコネウツギ、またはベニウツギ!

 いちご一笑さま、ありがとうございました。

f:id:cenecio:20170713131131p:plain

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/3/34/Weigela_coraeensis1.jpg/800px-Weigela_coraeensis1.jpg

花の色が白からピンク、そして赤へと変わっていくんですね。

あんな木の下に椅子を置いて、読書やお茶したらどんなにか幸せだろう。もちろん昼寝でもお喋りでも。

そういうことを贅沢というのでしょう。

 博士さま、またよろしくお願いいたしますね。