ズレンボルフ地区 -終-  

オスィ男爵

恐れ入り谷の鬼子母神なズレンボルフ、今日で6回目。そしてまだ十分の一も紹介していないのです。でもいったん終わりにします。

いまさらなんですが、コーヘルス・オスィ通り(Cogels-osylei)の”Osy”というのは、アントウェルペン銀行創設者で議員でもあったJean Jozef Renier Osy男爵のことです。オランダ・ロッテルダムの裕福な家の出身ですが、アントウェルペンに住み、この土地を購入しました。彼の死後、息子やコーヘルスに嫁いだ娘たちが遺産を相続し、このユニークな地域を発展させました。

 

絶対ここへ行く!

もう一度地図を見てみましょう。

上下、縦に走る通りがコーヘルス・オスィ通り(Cogels-osylei)

真ん中のロータリー付近を上空から撮った写真を借りてきました。

f:id:cenecio:20170422182422j:plain

地図真ん中の交差点。

http://pauranka.it/wp-content/uploads/2015/10/anversa.jpg

http://pauranka.it/wp-content/uploads/2015/10/anversa.jpg

その交差点を囲むように白亜の邸宅が並んでいるのが見えますね。

この上空から撮った写真は大変貴重です。だってお屋敷に入れてもらえないですからね。

お屋敷の裏は緑がいっぱい!大きな樹木もあるんですね。ガーデニングしたり、子どもの遊び場があったり、何よりも気候の良い時は戸外でお茶や読書を楽しむのでしょうね。

この写真がきっかけでした。ある日、私はこの写真を見つけて「ここはどこ?絶対ここへ行く!」と思ったのです。

アントウェルペン市民が普通に暮らしている住宅なので、カメラを向けるのは抵抗もありましたが、おかげさまで楽しい散歩、ためになる建築の勉強をさせていただきました。

 

私が撮った写真です。

f:id:cenecio:20170423105514j:plain

朝の早い時間で、人も車もおらず奇跡のようなひとときでした。

f:id:cenecio:20170423105527j:plain

四辻を囲む、輝くばかりの白い邸宅は全部で12戸あるそうです。個人の持ち家とは思えませんね。

近くによって見れば、バロック風の華やかな装飾が見えます。

フランスのロワール河畔シャンボール城を思わせる、と私のガイドブックにありました。

 

城のような建物の次に、教会かと見まがうような邸宅を紹介して、終わりにしようと思います。

Carolus Magnus(カール大帝

建物には必ず名前があることは前に説明しました。

カール大帝と来ましたか!

自然石を使っているのが大きな特徴です。

f:id:cenecio:20170423104459j:plain

塔はアーヘン大聖堂を意識しているのだそうです。

(下にアーヘン大聖堂の写真を載せておきました)

f:id:cenecio:20170423111028j:plain

二つの塔の間にカール大帝を拡大してみます。手に剣と宝珠を持っています。

2階の窓の上には美しい半円のモザイク。

右側に王冠、左側には十字架のついた宝珠が見えます。

また私の写真では見えませんが、建物入り口に石のベンチが置かれ、来訪者はそこに座って待つこともできるのだそうです。

 

ズレンボルフ地区 おわります。

 また私の写真ブログもここでいったん休止です。しばらくお休みします。

 

みなさま、この1年間、ありがとうございました(@^^)/~~~

そして 楽しい連休をお過ごしくださいね。

 

参考:アーヘン大聖堂

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/b/be/Aachen_Germany_Imperial-Cathedral-01.jpg/399px-Aachen_Germany_Imperial-Cathedral-01.jpg

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/b/be/Aachen_Germany_Imperial-Cathedral-01.jpg/399px-Aachen_Germany_Imperial-Cathedral-01.jpg