読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アントウェルペン 中世の家に普通に人が住んでいるのが驚き!

ベルギー

この建物、散歩で見つけて一目ぼれ。

なんとかこれを撮りたいのですが、通りが狭くて難しい。

で、どうしたと思います?

 

f:id:cenecio:20170317180538j:plain

向かいの建物の受付でわけを言って入れてもらい、2階(大学生の自習室がある)窓からガラス越しに撮りました。

あちこち手直ししながら大切に住んでいますね。

次は 

                     ↓↓この、フックがついている家です↓↓

f:id:cenecio:20170317180557j:plain

 

ファサード(正面)がでできている。1480年ころ建てられたという。

木の家なんてアントウェルペンではここだけです。

通りが狭くてこれまた写真を撮るのに一苦労。

 

通りの反対側から見ています。

フックが目印。

f:id:cenecio:20170317181009j:plain

 

プレートに説明が出ています。

f:id:cenecio:20170317181046j:plain

推定1480年と、アントウェルペンでもっとも古いこの家は、中世の建造様式で建てられた現存する最古の例でもある。六つの戦争と500年にわたる都市計画を生き延びた家。今ここにはリズロットとローレがパパと一緒に幸せに暮らしている。

幸せに・・・実際は blij en vrij (ブレイ エン ヴレイ)「楽しく自由に」。韻を踏んでいるんですが、うまく日本語にならない。

女の子二人の名前もL(エル)で始まり、頭韻を踏んでステキ。

 

 

これは改修工事中の四つ星ホテルです。

通るたびに見ていました。

f:id:cenecio:20160111132255j:plain

 f:id:cenecio:20160111132339j:plain

やはり手入れが大切ですね。

 

あとは街角スナップです。

今回はZEKE色を試してみました。フィルターをかけて遊んでいます!(^^)!

f:id:cenecio:20170318100310j:plain

f:id:cenecio:20170318100329j:plain

f:id:cenecio:20170318100344j:plain

f:id:cenecio:20170318100400j:plain

  

個人通信:

ギアさま、路面電車の風景はもうすこしあとの日付に入れましたので、よろしくお願いいたします。