読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アントウェルペン

ベルギー

1年前の3月の今頃はアントウェルペンでした。

図書館で資料調べの毎日です。

 

町の花屋さん。

このおじさんはすごく優しくておまけもしてくれる。

おばさんのときはおまけはありません。

お花を買うのは自分用ではなく、お世話になっている図書館司書さんにあげるため。

f:id:cenecio:20170317173147j:plain

 

 

こんな狭いところを路面電車が走ります。

最も古いタイプの車両で、味があって好きです。

 あとで新車両も出ます。

f:id:cenecio:20170317173413j:plain

 

細い道の向こうに見える市庁舎を望遠レンズで撮っています。

成金ぽく、ちょっとごてごて飾り立てているところが、いかにも商業・港湾都市アントウェルペンらしいと思っています。

f:id:cenecio:20170317173532j:plain

 

港の方に歩いていくとこんなものが。

いまや錠前を取り付けて愛を誓う流行はどこにでもあるんですねえ。

f:id:cenecio:20170317173641j:plain

 

 

広い通りを走る路面電車

f:id:cenecio:20160125090603j:plain

f:id:cenecio:20160125090524j:plain

真冬でも芝が青いことに、新鮮に驚いていました。

 

これですよ、最新型車両!!

f:id:cenecio:20160111130811j:plain

中もすごいです。

朝夕の混雑時の 折りたためる座席が加わりました。

色もおしゃれでしょう?

f:id:cenecio:20160102010807j:plain

 

f:id:cenecio:20160104000745j:plain

車椅子用のスペース。

揺れたとき動いたりしないよう、シートベルトもついているのです。

 

続きます。