美味ベルギー・フリット愛 Maison Antoine &Frit Flagey

ローリング・ストーンズのボーカル ミック・ジャガーも来たというお店。

昨日からの続きです。

メゾン・アントワーヌ(Maison Antoine)という名前で、広場の真ん中辺にでんと構えています。

f:id:cenecio:20170106063130j:plain

 

今日は日曜で、朝市がたっています。

f:id:cenecio:20170106063457j:plain

 

ここはユニフォームもあります。

 

f:id:cenecio:20170106063507j:plain

 

こんなふうにこぼれそうなくらい詰めて入れ、マヨネーズをかけてくれます。

ソースはいろいろな種類がありますが、店によって違うので、好みの味を見つけるのも楽しみです。最低でも10種類はあるし、30種類とかもっとあるかもしれません。

f:id:cenecio:20170106063530j:plain

刺さっている小さなフォークでいただきます。

 

最後はいちばんのおすすめ店。

ちょっと字も大きくしました。

Frit Flagey

Place Eugène Flagey, 1050 Ixelles

f:id:cenecio:20160314030300j:plain

地味で素朴な外観です。

昔住んでいたところの近くにあります。

f:id:cenecio:20160314161205p:plain

 

今は二人でやっているんですね。

ときどき三人だったり。

f:id:cenecio:20170210192601j:plain

 

メニュー 左はソースの数々。

右はスナック的なもの、飲み物です。

f:id:cenecio:20170210192651j:plain

f:id:cenecio:20160314030340j:plain

今日はトマトベースのプロバンサルソースにしました。

 

 Frit Flageyの店は紆余曲折がありました。

昔は1時間並んでも食べたいという人が列を作っていたものです。

雨の日でも長い列ができていました。できるだけ時間を外して行くことを心掛けたものです。日本人で「ここのがやっと食べられた」とブログに記事をあげているかたもいます。

 

数年前、広場を改修工事を行うというので、立ち退き騒動が起こりました。

困るんです、この店がなくなっては。地域住民や市民はすぐに嘆願運動をおこし、存続営業に力を貸しました。

 

f:id:cenecio:20160314143906j:plain

お客さんとはありがたいものです。

おやじさんは、今日も皆を笑顔にするおいしいフリットを作っています。

 

 追記:2017年3月15日

メゾン・アントワーヌの建て替え

deredactie.be

http://deredactie.be/polopoly_fs/1.2917771!image/1470522664.jpg_gen/derivatives/landscape670/1470522664.jpg

33年もたって老朽化もあり、不便さ解消に少し拡張するため、工事に入ります。

営業はトラックで続けます。今年の秋口にまた店で食べられるそうですよ。

(写真は去年、メルケル首相が来店したとき)

 

 

deredactie.be

f:id:cenecio:20170413065729p:plain