フェーヴに当たると王様になれる! (我が家のコレクション)

ガレット・デ・ロワ(仏: galette des rois)の意味は

説明的に言えば「東方の三博士たちのパイ」かな。

公現祭の日に食べる。

 

f:id:cenecio:20170119103840p:plain f:id:cenecio:20170119103946p:plain

 

公現祭とは - はてなキーワードから引用。

キリスト教の祝日。英語でEpiphanyエピファニー)。イエス・キリストの顕現を記念する祝日。イエスの顕現を祝って東方の三博士がお祝いを持ってたどり着いた日。顕現日(けんげんび)、顕現節(けんげんせつ)、主顕節(しゅけんせつ)などとも呼ばれる。

フランスのガレット・デ・ロワなど、ヨーロッパなどカトリック信仰が盛んな地域では豆や小さな人形、貴金属などを入れて焼いたケーキや菓子パンを切り分け、この豆などが当たった人をその日だけ王とする習慣がある。

 こちらがパイの中に入っていたソラ豆で”フェーヴ(fève)”という。

昔は本物のソラ豆が入っていた。陶製の人形が使われるようになったのは1870年からだと言われている

 

我が家のコレクション 

f:id:cenecio:20180210144621j:plain

f:id:cenecio:20180210144625j:plain

f:id:cenecio:20180210144648j:plain

f:id:cenecio:20180210144658j:plain

f:id:cenecio:20180210144714j:plain

f:id:cenecio:20180210144722j:plain

f:id:cenecio:20180210144730j:plain

註:右はアトミウム(Atomium)

1958年のブリュッセル万国博覧会のために建設されたモニュメント。

現在も有名な観光スポットで、 高さは103mもある。

f:id:cenecio:20180210144744j:plain

左:今も残るブリュッセルの城壁の門。

右:名物「ムール貝フリット

 

f:id:cenecio:20180210144800j:plain

f:id:cenecio:20180210144753j:plain

プレートを集めている人も多い。

右はブリュッセル市のシンボル「アイリスの花」

f:id:cenecio:20180210144815j:plain

左はブリュッセル守護聖人「聖ミカエル」。「サンミッシェル」と仏語表記。

もちろんオランダ語表記のも売っている。

右:小便小僧のジュリアン。こちらはオランダ語表記。

後ろ側も撮っておきました。

f:id:cenecio:20180210144839j:plain

f:id:cenecio:20180210144848j:plain

 

 

写真が悪くて申し訳ありませんが、コレクションの一部を紹介させていただきました。

ここのはすべてがベルギーとフランスで入手したものです。

 

🌸メインブログ

cenecio.hatenablog.com

 

 

🌸追記:モンスのサイト見つけました。

https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=266x355:format=jpg/path/s537277c03524230c/image/i3cb2c312c4b9bd16/version/1422806654/image.jpghttps://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=266x355:format=jpg/path/s537277c03524230c/image/id07e381908976708/version/1440407388/image.jpg

https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=420x10000:format=jpg/path/s537277c03524230c/image/i5de26f6b52617f7a/version/1393265738/image.jpg

各3.5~4ユーロのようです。

Fèves des personnages du combat ou de la Procession - Mons Où Venir