読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のビアカフェ クルミナトール kulminator-2-

昨日の続きです。

上を見上げると、ビールのコルク栓で作ったリースが。

f:id:cenecio:20161206181805j:plain

 

ビールはたいてい度数がとても高いので、ゆっくりいただく。

せいぜい3杯までだと思う。

それでも2時間はかかる。

 

f:id:cenecio:20161206181946j:plain

女主人とおしゃべりしたり、

それから

f:id:cenecio:20160114213541j:plain

猫をかまったりする。

このお宅には5匹いるんだって。

8年前い来たときは黒猫がいて、貴婦人みたいだと思った。

今回も黒猫がいたが、同じ猫じゃないと思う。毛並みもあまりきれいじゃなかった。人見知りですぐ逃げて行ってしまい、奥に引っ込んだ。

 

ご主人がなぜか気を遣ってくれて、猫を呼んでくれる。

マスター、すみません。大丈夫ですよ。お気遣いなく。

f:id:cenecio:20160115202017j:plain

3杯目。もうこれでやめないとね、と思っていたら、あの子がこっちを気にしている。

 

f:id:cenecio:20160429134614j:plain

あんたの方なんか見ていないわよ、といった風情だが、けっこうチラチラこちらを見ている。

 

だんだん慣れてきて、しまいにはこんな可愛いおすましポーズをきめてくれた。

f:id:cenecio:20160114213624j:plain

 

 ね、可愛いでしょう。

 

続きます。