読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書店のある風景 アントウェルペン-4-

ベルギー

「猫の客」

 

 f:id:cenecio:20160109130635j:plain f:id:cenecio:20161113124850p:plain

猫の客 (河出文庫 ひ 7-1) 文庫 – 2009/5/30 平出 隆 (著)

オランダ語翻訳を見つけてびっくりしました。

この本はフランス語訳でもベストセラーになりました。

 

オランダ語版には次のようなうたい文句がついていました。

詩情に溢れ、こころ温まる小説で、人生の儚さや小さな幸せをいつくしむことをうたっている

私も帰国してすぐに読みました。味わい深く、ゆっくりかみしめながら読む作品です。時間がたっぷりあるときにどうぞ。

 

この本を見つけたのは、こちら

De Groene Waterman cv

Wolstraat 7, 2000 Antwerpen

 

f:id:cenecio:20161113115559j:plain

 

アントウェルペンの 読書人のメッカです。

シンポジウムや講演会、朗読会など活発な活動を通して、市民の絆を作っています。

De Groene Watermanは、2018年には50歳を迎えます。

 

 f:id:cenecio:20160109132122j:plain

ついつい誘惑に負けて買ってしまった猫のカレンダー

週替わりで猫の写真と名言が載っています。

 

f:id:cenecio:20161113120601j:plain

通りもいい雰囲気です。

 

最後に古書店を一軒。

Erik Tonen Books - Antwerpen

f:id:cenecio:20161113115822j:plain

 

 

店内

下のサイトからお借りしてます。

f:id:cenecio:20161113130220p:plain

Foto's voor Erik Tonen Books - Yelp

 

 

 参考: 日本の小説翻訳でしたら、こちらもどうぞ。

 

cenecio.hatenadiary.com