読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書店のある風景 アントウェルペン-3-

ベルギー

新しい本を廉価で売っている書店がありますよ。

教えてもらって行ってみました。

 

 

f:id:cenecio:20161113110226j:plain

f:id:cenecio:20161113110331j:plain

Boekenmarkt De Markies

Hoogstraat 62-64

マルキース、という名前。マルキースさんがやっているお店なんですね。

「マルキース価格」という値札がついていて、5%~10%引きになっています。新本でなければ、半額とか・・・。

クリスマス前とあって、客が入れ替わり出入りして、店主と楽しそうに話していました。

 

こちらは有名な出版社・書店

Standaard

f:id:cenecio:20161113112024j:plain

まん丸おめめのオレンジ色のフクロウが目印です。

 

f:id:cenecio:20161113130649p:plain

 

書店はこの場所に80年居を構えていましたが、今年引越するという記事を読みました。

f:id:cenecio:20161113131140p:plain

 

www.hln.be

 

活字離れが言われて久しいですが、出版社や書店の苦悩は大きいです。

縮小するだけでなく、なにか手を考えないと。

プラスする。

コーヒーショップをプラスする、というのはあちこちでやっていますね。

ギャラリーをプラスする、気軽に展覧会・展示会ができる、というのもいいです。

ほかにも知恵をしぼって、書店に市民・町民が集まれるようにすればいいなと思っています。