読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書店のある風景 ブリュッセル-3-

新刊書店のアジアコーナーをのぞいてみました。

 

f:id:cenecio:20160905120021j:plain

 日本の本

 左から

綿矢りさ『かわいそうだね?』

村上春樹風の歌を聴け

フォト&エッセイ祇園小芳

野坂昭如『吾輩は猫が好き』

江國香織『神様のボート』

村上春樹『図書館奇譚』

山田風太郎南総里見八犬伝

古川日出夫『ベルカ、吠えないのか』

 

 

世界でもっとも美しい書店のひとつ、と言われる「トロピスム」

クリスマスの前。

f:id:cenecio:20151220002857j:plain

 

ある日の「トロピスム」入り口。

漫画の主人公になってみるこども。ピッタリです。

f:id:cenecio:20161110125821j:plain

 

この「トロピスム」書店はここ:

ヨーロッパ最古のパッサージュのひとつ Galerie royales Saint-Hubert

の中に入っています。

f:id:cenecio:20161110130215j:plain

f:id:cenecio:20161110130506j:plain

1874年完成。

グランプラスのすぐそば、屋根のある商業用パッサージュで、3本の通りから構成される。合計で230m。その名も

「 女王のギャルリー」la Galerie de la Reine

「王様のギャルリー」la Galerie du Roi 

「王子たちのギャルリー」la Galerie des Princes