読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マロール地区の 教会と古書店

cenecio.hatenadiary.com こんなふうに わざわざカテゴリーを作るほどの おもしろくてたまらない地区。 行くたびに必ず発見があります。 毎日開かれる蚤の市にもあきれますが・・・ ビックリなのが この古書店。 写真2枚とも同じ店のウィンドーです。 『原色…

ブリュッセル 狭小住宅

きのうはアントウェルペンで、中世の「お宅訪問」をいたしましたが、 日本で一般にいう狭小住宅(約15坪=50㎡以下の土地に建てられる住宅)は近年多い。東京は土地が高いので、かつて一軒家だった土地を3~4区分して狭小住宅を建てています。 オランダ・…

マロール地区 古い修道院、どう活用する?

ブリジティーヌ礼拝堂 長く有効に使われずにあった修道院の礼拝堂。 左の建物、1663年に建てられたバロック様式です。 なんとか直して使いたい。 市は改修案を公募しました。 すると素晴らしいアイディアが! もとの教会はそのままに、右側に双子のような建…

マロール地区 美しい建物

Palais du vin ワインの館 19世紀アールヌーボーの建物で、ワインやリキュールを作っていたそうです。 現在はバイオの作物などを売るマーケットが開かれたり、レストランもあるそうですが、私は入れずじまいです。 Brias et Cieとあるのが会社名ですね。 …

マロール地区 蚤の市

驚いたことに蚤の市は毎朝開かれるのです。 お昼になると一斉に片づけて、大掃除して、まるで何もなかったかのような広い広場にもどります。 蚤の市の雰囲気だけは伝わったかな。 はっきりいって観光客向けではない気がします。 近くにあった空き瓶回収ボッ…

マロール地区 可愛い商店街  

細長い建物がぎっしり肩を寄せ合って立ち並ぶマロール地区のメイン通り。 一階の商店やカフェはまだ営業しています。 まだ、と書いたのは周囲の開発などで地価が急騰して、元々の住人は追い出されるのではないかと戦々恐々としているからです。 明日はこの通…

裁判所の見える風景 マロール地区-3-

あいかわらずマロール地区です。 今日は、先日紹介した屋外エレベーターのそばにある巨大な裁判所。 そんなに訴訟がたくさんあるの、と思うくらい異様な大きさで、私が知る限り、いつも工事をやっています。 坂の 小路の上にでんと構えています。 雨の日で残…

Slopes 坂道-1-

坂道の魅力 ブリュッセルならでは。 思いがけず壁絵がお迎えしてくれる。 何の変哲もないが、家々と自家用車がびっしり張り付いている、坂の小路。 マロール地区(2)

マロール地区  エレベーター

高低差のあるブリュッセルで 下町マロール地区と 丘の上とを結ぶエレベーター。 残念ながら天気が悪くて、街が見えません。 しかしこの高低差がおもしろい坂道を作り出します。 次回はマロール地区を散策してみましょう。 ちなみに地図上では赤いところ。

Yellow 黄色-2-

黄色のシリーズ。 またまた捜してきました。写真ファイルでなく、記憶のファイルの中をグルグルウロウロと。 あ、あそこにあったな。あれも黄色だ!なんてひとりごちながら。 La Cure Gourmande (Bruxelles) フランスが本店 クッキーなどを扱う有名菓子店…