読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アントウェルペン 文学資料館 Letterenhuis

文学資料館 これはブリュッセルの王立図書館と並ぶ、国の重要な文書・資料を集め、保管してあるところ。 1階:ベルギー・オランダ語文学の概説や資料展示(常設) 2階:企画展 3階:資料閲覧室 廊下の照明がおもしろい。 http://www.letterenhuis.be/nl 3階…

アントウェルペン 線路のある風景 

前に「 不思議な構築物」を見ましたが、あの飾りが途切れたところです。 何がおもしろいかといいますと、三つの「道」が並んでいますね。 すなわち 左の壁の向こう:国鉄の線路 緑の芝:路面電車の線路 バス:自動車車線 住宅街を走る線路はいつも必ず青い芝…

ブリュッセルの連続テロから1年

2016年3月22日の今日はアントウェルペンにいました。 夫は仕事に出かけてしまい、私はテレビをつけてニュースを見ようとしていました。 お茶を飲んだり地図を開いたりしながら、「ながら見」しようと思ったら・・・ 初めは空港 次に地下鉄で テロがあったと…

アントウェルペン 不思議な構築物

おととしの12月から1月は、アントウェルペン中央駅に近い、ユダヤ人街に住んでいたのです。住まいから出るとこの光景です。 ナニコレ!? 誰でも首をかしげるでしょう。 (赤い屋根と茶色のドームは中央駅です) 線路脇にある謎の塔の群れ、これがえんえんと…

アントウェルペン 中世の家に普通に人が住んでいるのが驚き!

この建物、散歩で見つけて一目ぼれ。 なんとかこれを撮りたいのですが、通りが狭くて難しい。 で、どうしたと思います? 向かいの建物の受付でわけを言って入れてもらい、2階(大学生の自習室がある)の窓からガラス越しに撮りました。 あちこち手直ししなが…

アントウェルペン

1年前の3月の今頃はアントウェルペンでした。 図書館で資料調べの毎日です。 町の花屋さん。 このおじさんはすごく優しくておまけもしてくれる。 おばさんのときはおまけはありません。 お花を買うのは自分用ではなく、お世話になっている図書館司書さんにあ…

ブリュッセルの行きつけレストラン Taverne du Passage

タベルヌ・デュ・パッサージュ 入り口や内装を見たらちょっと考える 「高いんじゃない?」 ところが全然違います。あらかじめ情報はあったので、安心して行きました。 それから何回も訪ねて、すっかり行きつけになりました。 きょうは雰囲気だけを見てくださ…

ブリュッセルの壁に 豪華アーティスト

ブリュッセルには漫画がいたるところに描かれています。 これは「オリヴィエ・ラモー」という漫画です。 Dany作 ”Olivier Rameau”通りの名前:Rue du Chêne そしてその壁の向こう、小さな壁に描かれた男の人、見てくれた? 赤い車の向こう。 この人、ブルー…

ブリュッセルのまちかどから

今日からしばらくベルギーです。 ちょうど1年前に撮っていた街角スナップ写真。 葉書や古銭を扱う老舗 手直しされた民家の外壁 歴史の重みを感じます。 「棺桶」という名前のビアカフェ グランプラスのすぐ横にあります。私が入るのはまだ早いかな。 古い建…

銀座-4-

ああ、やっとビールが飲める(笑)。 銀座ライオン(旧大日本麦酒ビヤホール、1934年創立)の3回目です。 言い忘れましたが、サッポロビールです。 えへへ、おいしかった。 みなさん、2杯(2種類)は頼んでいましたね。 タイルがすごいでしょう? 1階正…

銀座ライオン・最古のビアホール 銀座-3-

建築に興味のある方のために。 設計は 菅原 栄蔵(1892 - 1967)。 鉄筋コンクリート造り、地上6階建て、地下1階。 横に回ってみると ここも側面。 窓、注目ですね。 ここの扉は開きませんが、中をのぞくと誰でも ああ、ここに入りたい!あそこに座りたい…

銀座ライオン・最古のビアホール 銀座-2-

銀座といえば、「銀座ライオン」ですね。 買い物の合間にちょこっと寄って、ビールをいただきます。 食事時でなくても、着飾って美しい老婦人がひとりで ちびりちびりとグラスをなめている光景が印象的です。 1934年( 昭和9年)4月8日にオープンしました。…

津波の高さ教えるソニープラザビル 銀座₋1-

ソニープラザ 昔からなじんだ建物で、銀座のシンボルのひとつでもあった。 この写真は2016年夏。 そして 今日(2017年3月12日)行ってみたら 東日本大震災で、気象庁が確認した津波の最大の高さを示す YAHOOの広告幕が張ってあった。 4階の高さ、16.7mのとこ…

王子・飛鳥山(おうじ・あすかやま)-2-

昨日のお店を背にすると、飛鳥山(公園)にのぼるモノレール、アスカルゴ乗り場があります。 ああ、山だからモノレールで上るのね、と思うでしょ。 全然違います。飛鳥山は誰かが「東京都の最低峰」と言っていたとおり、丘なんです。25Mくらいらしい。そし…

王子・飛鳥山(おうじ・あすかやま)-1-

私の好きな都電(路面電車)です。 広島の人や長崎の人にとっては珍しくないでしょうが、東京ではここだけなんです。 とっても貴重だから大切に思っています。 かなりの距離を専用の線路で行きます。つまり車や人が通らないのが、ちょっと不思議な感じです。…

カッパのいる通り(台東区合羽橋本通り商和会)

今日はカッパばかり出てきます。 事情がわかるひとには ふふふ( *´艸`)です。 縛られ河童。(汚れていますけどね) いろいろなカッパがお店の前に立っています。 ここは合羽橋本通りという。 上野から、厨房関係の道具街である「かっぱ橋道具街」につながる…

大阪駅

(個人メモとして) 大阪駅、じゃなくて「五代目大阪駅」と言ってください。 「大阪ステーションシティ」のなかの大阪駅ですね。 かっこいい駅です!惚れ惚れしながら歩きました。 (写真はいずれも2016年10月撮影) エスカレーターを上って 5階の「時空(…

大阪 -終- また来るね 

新世界・ジャンジャン横丁内 Swing MASA JAZZ HOUSE ジャズの流れる猫ギャラリー。 猫に関係したグッズがいっぱい。 またライブなどをおこない、寄付金を集めたり、人と人とを結んだりしています。 すばらしいお天気だったので、通天閣に上らないわけにはい…

大阪 -3- 

ぶらぶら歩くのがとっても楽しい大阪のまち。 横丁のこのお店なんか、側面だけで絵になります。 お品書き(外に貼るなんて!)やら 幼稚園の園児募集ポスター。 空いている所には しっかりと落書き。 暮らしの足 オートバイや自転車は必須です。 黄色い「う…

大阪-2-

気ままに歩いているので、特に観光名所にいくわけではありません。 でも川や水のあるところ、橋がかかっているところは好き。 やはり道頓堀のほうへ。 フラダンスを踊る女性たち。 なにかのお祭りでしょうか。 有名なグリコの看板のまえで、修学旅行生らが記…

大阪-1-

お天気がよくて最高の眺めが楽しめました。 空中庭園展望台|空中庭園 梅田スカイビルに行くのは初めてです。 ベルギー関係の会合がすぐそばのビルであるので、好都合でした。 遠足に来ている幼稚園児たち 写真はたくさん撮ったのですが、とりあえず一枚だけ…

宿根木 懐かしい昔の小学校 小さな旅-6-

伊三郎さんは御宿です これは北前船船頭の家でした。今は旅館、それも客は一組しかとりません。 なんという贅沢でしょう。 軒下の「石」という字、この部分は「もちおくり」といいます。 扇形の飾りに姓の「石」の字を彫り込んでいるんですって。 生活を楽し…

宿根木(しゅくねぎ)地区を歩く 小さな旅-5-

どの家も茶色に塗られているのかと思ったら、 もちろんそうじゃないお宅も。 それはレストランだったりカフェだったりします。 時間がなくて入れませんでした。 小高い丘のほうへいく先々で 家の横にお墓があったり、 右下 小さな墓石だけが立てられてお花が…

小木町から宿根木(しゅくねぎ)へ 小さな旅-4-

宿根木(しゅくねぎ): 国の重要伝統的建造物群保存地区 を訪ねる。 小木(おぎ)町は港があり、美しい丘陵があり、町並みはよく保存されていて、どこもかしこも写真を撮りたくなるし、昨日紹介した魚屋のおじさんのように、人も明るくオープンですばらしい…

日本海を渡って佐渡島・小木町へ 小さな旅-3-

直江津港から船に乗りました。 今まで話していませんでしたが、私はこの旅行、息子と一緒だったのです。 息子が仕事の疲れを癒せるようにと 鄙びた旅で、小さな旅館の温泉につかり、好きな魚を好きなだけ食べるという・・・ おっとお酒もね(笑)。 あかね丸…

直江津(なおえつ)港まで 小さな旅-2- 

船に乗るので、港まで行きたいのですが。 そう言うと、「え?歩いてですか。距離ありますよ」と言われる。 地図を見てもさほど遠くないから、雨でもないし、商店街を歩いてみるのは楽しいだろうと思ったわけなのです。 ですが、こんなに寂れているとは想像だ…

ミッフィーパパが亡くなった、と夫が叫んだ朝

その大声で知りました。 日本ではうさこちゃん 英語ではミッフィー オランダ語の本名は ナインチェ・プラウス( Nijntje Pluis) 実は私のこのブログ Konijntjeコーナインチェ(うさぎちゃん) という。 アイコンが自分で作った編みぐるみの クロウサギとカ…

直江津 まちかど 小さな旅-1-

新潟県直江津(なおえつ)市 駅から港まで歩く間、それはもう不思議な体験でした。 駅前商店街は寂れ果てており、これからいったいどうすんだ、って感じ。 メインの通りを歩いて行くのですが、なにか古い雑誌でもめくっているような、 時代も定かでない空間…

ベルギーにオランダ人が殴り込みをかけてきた(フリット愛₋5₋)

Frites Atelier フリット・アトリエという店。 どうです、このフリットのデラックス版は? ただもう美しい! 写真を撮って人に見せたくなる。 実際インスタグラム向きなので、画像はあちこちを飛び廻っています。 で、お味は?というところなんですけど Hoe …

美味ベルギー・フリット愛-4- ブリュッセルの一押し

最後はいちばんのおすすめ店。 えへへ、ちょっと字も大きくしました。 Frit Flagey Place Eugène Flagey, 1050 Ixelles 地味で素朴な外観です。 昔住んでいたところの近くにあります。 今は二人でやっているんですね。 ときどき三人だったり。 メニュー 左は…

美味ベルギー・フリット愛-3-

これはフリット屋ではなく、アートギャラリーです。 アート作品。(注) 小便小僧のジュリアン君がフリットを投げようとしている。 こちらはセルフで好きなソースが掛けられるコーナー。 おもしろいでしょう。全部、値段は同じです。好きなだけかけていいの…

美味ベルギー・フリット愛-2- Maison Antoine(+追記)

ローリング・ストーンズのボーカル ミック・ジャガーも来たというお店。 昨日からの続きです。 メゾン・アントワーヌ(Maison Antoine)という名前で、広場の真ん中辺にでんと構えています。 今日は日曜で、朝市がたっています。 ここはユニフォームもありま…

美味ベルギー・フリット愛-1- イモが世界無形遺産

フリット( フランス語Frite) ジャガイモを棒状に切って揚げたものだと思うでしょ。 フライドポテトならどこにでもあるわよ。そんなことベルギー人に言ったら大変! ベルギーのフリットはちょっと違うのよ、って言われちゃう。 アントウェルペンのオペラ座…

東京藝術大学とその周り -5-

上野は広大な敷地に 博物館や美術館、動物園やコンサートホールなどいろいろなものがあります。 向こうに見えるのは国立科学博物館。 アーチみたいのはクジラなんです。 ほらね。 この日は「シーボルト展」に行ったのでした。 秋の美しい日は散歩するだけで…

東京藝術大学とその周り -4-

毎年9月初めにある東京藝術大学の学園祭 芸祭にて。 神輿で繰り出す前の記念撮影 作品 笑うカメと折り鶴がめちゃめちゃ気にいって撮りました。 屋台の準備をしています。 昼にはお客さんでぎっしり。 谷中地区の長屋です。 どうも誰も住んでいなかった様子。…

東京藝術大学とその周り -3-

東京藝術大学 教室 借景1。 借景2. 窓から見た風景と高校 スカイツリーを臨む 眼下の素敵なお宅 憧れます。 続く

東京藝術大学とその周り -2-

ほかでは見ないんだけど…。 それとも普通にそこら中にあるもの? 思わず、手を合わせてしまいます。 東京藝術大学の教室で見つけたもの。 う~ん、作品なのかな。 プレートはなかった。 こちらは作品。 「泥だんご」 廊下にあった引き出し。 中身が一目瞭然…

東京藝術大学とその周り -1-

ベルギーの写真はまだまだたくさんあります。 あと半年はいけます。 ですが、再び春が来る前に、日本の写真も整理しておきたいと思っています。 上野周辺は散歩コースなのでよく行きます。その辺のスナップをいくつかシリーズで。 上野公園 上も下も。 博物…

おいしいベルギー-4- 世界入りにくい居酒屋Le petit palais

NHKBSの番組「世界入りにくい居酒屋」で紹介されました。 ブリュッセルにあるベルギー家庭料理のお店です。 『世界入りにくい居酒屋 異国の絶品グルメ図鑑』を手にする 店主のフレッドさん。NHKの人が送ってくれたのかな。 Le petit palais ル・プチパ…

おいしいベルギー-3-

軽い食事を紹介しています。 今日は3回目。 魚屋さんの店先で食べる軽食です。 「北海」という魚屋さん。 ツマミとしていろいろなお惣菜があります。 魚のスープとエビを頼みました。あとは白ワインです。 お店のサイトへ行って写真を借りてきました。 スタ…

おいしいベルギー-2-

前回より 単品で食べられる、あるいは軽食として食する料理を紹介しています。 地味なものばかりに、みなさんをつき合わせていてすみません。 今日はブリュッセル。 前にブリュッセルに1年住んだときは、もっと出歩きましたが、やはり年なので外で食べるのは…

普通のものがとってもおいしいベルギー-1-

ベルギーは美食の国。 ですが、私は高級レストランに行こうとは思わないです。なぜって気疲れするし、服装も考えなくちゃいけないし、予約も必要で、しかもメニューを予習しなければならないでしょう。 そんなレストランでなくても十分おいしいものが食べら…

愉しい骨董屋めぐり Kloosterstraat-2-

昨日の続きで、骨董通りをひやかしています。 家具・インテリアや雑貨、古本など何でもあります。 左:空飛ぶ絨毯屋 右:インテリア 日本と違うのは、建物がめちゃめちゃ古い、ということです。 左の建物、15世紀に遡るらしい。ただ今テナント募集中です。 …

愉しい骨董屋めぐり Kloosterstraat-1-

アントウェルペンに来たら一度は立ち寄りたいところ ー 骨董通りです。 旧市街からすぐで、おもしろいものがいっぱいあるし、 待ち合わせまでにちょっとあるな、なんていうとき 時間をつぶすのにも最適な場所です。 以前にもこちら。 写真は一枚ですが、自分…

サイヤ人の頭ではない、昔の裁判所 -3-

アントウェルペンのもとの裁判所というのも気になります。 ある日、バスで偶然通りかかり、見つけたときは感激したものです。 イギリス通り (Britse Lei)にある、この巨大でいかめしい建物。 巨大すぎて私のカメラでは収まりませんでした。 いくら後ろにひ…

アントウェルペン裁判所 Het Gerechtsgebouw -2-

続きです。 昔は駅だったことがわかれば、線路跡があるはずです。 写真では見えないかもしれませんが、道路上にはたくさんの線路跡が残っていて、 昔は多くの列車が乗り入れしていたのでしょうね。 たしかにここの敷地は広い! 建物を見ましょう。 一階はカ…

サイヤ人頭の裁判所 Het Gerechtsgebouw-1-

この道路の向こうに立つ奇妙な建物。 トゲトゲ頭のスーパーサイヤ人(注:漫画『ドラゴンボール』に出てくるキャラクターです) はいったい何? いつか晴れた日に行ってみようと思っていました。 Het Gerechtsgebouw van Antwerpen それはなんとアントウェル…

ビール醸造所 De Koninck -3-

1833年創業のビール醸造所見学の続きです。 いろいろな銘柄のビールを作っているんですね。 Vedettというビール。 いちばん驚くのはこちら 独眼竜のハト? 駐車場にもこんな大きな鳩の絵が! WILD JO 鳩の絵はビールの銘柄「ワイルド・ジョー」でした。 強そ…

ビール醸造所 De Koninck -2-

ビール醸造所見学の続き。(日が空いて間がぬけてしまいましたが…) アントウェルペンが市の威信にかけて作ったと思われる、おしゃれな施設です。 過去記事 cenecio.hatenadiary.com 見学した後、アントウェルペンの地ビール”Koninck”(1833年創業)の銘柄の…

ソラ豆に当たると王様になれる!

ガレット・デ・ロワ(仏: galette des rois)の意味は 「東方の三博士たちのパイ」かな。公現祭の日に食べる。 写真:ウィキペデア 公現祭とは - はてなキーワードから引用。 キリスト教の祝日。英語でEpiphany(エピファニー)。イエス・キリストの顕現を記…